安心安全設備
徳永歯科クリニックブログ
福岡県宗像市の徳永歯科クリニックのブログです。


あシカClub 2020年2月号

COVID-19」見慣れない名前ですが、今回の新型コロナウィルス肺炎をWHOがこう名付けました。中国で発現したこの病気は、初動の遅れや春節だったことにより世界中に飛散しています。人口が増えすぎるとその調整のために戦争が起こるという説がありますが、今回の肺炎は戦争の代わりに現れたのかもしれないと考えると、なかなか制圧できないのも頷けるところです。当クリニックでも患者さんが多く、次の予約が取りにくい状況はもういつものことですが、「早く治療したいのに次の予約まで間が空きすぎる」という理由で他所の歯科医院に行くという方や、「院長の予約で間が空くのなら違う先生で」という患者さんが少なからずいらっしゃいます。これもある意味患者さんの人数調整になり、他の患者さんの予約にとっては良いことなのでが、申し訳ない気持ちにもなります。歯科治療には難度があって、どの歯科医院でも何とかなるものとそうでないものがあったり、治療の途中でも、簡単にできる内容の時と難しい内容の時があります。「この状況で他所の歯科医院に行ってもきちんと治らないだろうに」とか「普通に治してしまうと、後でもっと大変なことになってしまうのに」といったことがよくあり、結局、後になってもっと悪い状態になって戻ってこられることは珍しくありません。「あと2ヶ月で海外に留学する」とか「ずっと痛くてたまらない」とか仰る方には当然のことながら優先して毎日でも診ますし、遠方からの患者さんには1回の治療を長く取ります。また神経の治療など間を空けると良くない治療は空かないように優先しますし、治療の内容によっては途中に担当医を変えて早く終わるようにしたりといった最大限の配慮ほしているつもりです。「早い、安い、旨い」吉野家的な歯科治療はどこかにまやかしがあり、「若い時から入れ歯だ」、「常に不調でしょっちゅう歯科医院にかかっている」などの患者さんを作ります。歯科治療は本当に面倒で回数がかかりますが、痛くないのであれば、「気長に、できれば少し費用をかけて、上手い」治療をお勧めします。その場しのぎや自分中心の考え方では、良い結果は得られません。「COVID-19」はいつどこで感染するかわかりませんが、口腔内の健康は自分の考え方ひとつで維持することができるのです。

| あシカCLUB | 編集

 
カテゴリー[あシカCLUB]の他の記事(※個別記事に表示されます)≫≫≫≫
<< 勉強会   寒いですね >>

お知らせ

カテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ

WDC女性歯科医師の会

IPOI