安心安全設備
徳永歯科クリニックブログ
福岡県宗像市の徳永歯科クリニックのブログです。


あシカクラブ5月号

立夏も過ぎ、夏を想わせるような暑い日も多くなってきましたが、五月の風はとても心地よいですね。

湿気も少なく、一番過ごしやすい季節ではないでしょうか。

 

私の友人は、桜を追いかけて弘前城まで行っていたようですが、やはりお堀の花筏は素晴らしいとのこと、来年は私も行ってみたいと思いました。弘前ほど遠くではありませんが、現在、栃木から通院されている患者さんがいらっしゃいます。

ある先生からの紹介でしたが、とても状況が悪く、これはどこに行っても治らないだろうと断言できるほどでした。

このようなケースでは、すんなりと治療が進むことはなく、治療することでかえって悪くなる期間もあるので、その辺りを重々説明してご理解いただいてからの治療になります。カウンセリングだけでも数時間かけてから開始したのですが、思った通り、山あり谷ありでお互い大変です。

近所であれば、調子が悪ければすぐにおいでと言えるのですが、来院に1日がかりで数万円かかるとなるとそうもいきません。

そういう意味でも、1回の治療に気も遣いますし、これからも大変な治療が続きそうです。

 

一方で、宗像市内の歯科医院の院長がお二人お見えになっています。そのうちのお一人は、それこそご自分がよく言っておられるであろう「何でこんなになるまで放っておいたの?」と私に言われたのですが、左右の下の親知らずが悪い状態で残っていました。

パノラマレントゲンで診断すると、親知らずが大きな神経や血管と接触しているので危険だということで、これまでどの先生も抜いてくれなかったし、自分も怖くてそのままになっていたとのこと。

早速CT撮影を行い、立体的に診ることで安全を確認して抜歯しましたが、当クリニックは歯科用コーンビームCTを設置しているので、こういったケースでは本当に役に立ちます。

歯の根の治療などでもこれまでのレントゲンではできない診断が確実にできますし、特にインプラント手術においてはとても安全性の高い手術が可能となり、患者術者ともに安心してインプラントができるようになっています。

 

これからも色々な患者さんが色々な疾患を持っておみえになると思いますが、できる限り正確な診断を行い、的確な治療を行うことで多くの方に幸せになっていただきたいと思っています。

そのためには、必要な機器は迷わず導入し、知識や技術の研鑽にも努力を続けていかなければいけないと改めて意を強くしている毎日です。

 

 

 

 

| あシカCLUB | 編集

 
カテゴリー[あシカCLUB]の他の記事(※個別記事に表示されます)≫≫≫≫
<< あしかクラブ 4月号   あシカクラブ6月号 >>

お知らせ

カテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ

WDC女性歯科医師の会

IPOI