安心安全設備
徳永歯科クリニックブログ
福岡県宗像市の徳永歯科クリニックのブログです。


あシカクラブ6月号

例年は随分あとになって「◯◯日から梅雨に入っていました」と言う事が多い気象予報ですが、今年は思い切りよく早めの発表をしたのにさっぱり雨が降りません。

雨量ではなく日照時間で決めるので問題はないらしいのですが、それにしてもという感じですよね。

 

私は雨嫌いなのでずっとこのままでよいのですが(笑)「ずっとこのままだといいのに」と思うものに私が治療した歯や口腔があります。

歯の神経の治療は一本一本形態が違うことや、針のようなもので盲目的に治療する事から、その成功率は60%から80%と言われており、再治療の可能性が高い治療です。ですから、神経を取るようなことになるまで放置しない事が大事です。

とは言っても、神経を取らない銀歯も数年しかもたないという報告もあり、何度かやり直しをしているうちに神経を取らなくてはならなくなることも多々あります。

矯正治療で歯並びや噛み合わせを完璧に治した場合でも、必ず多少の後戻りは起こります。

 

先週末に参加した東京での学会で、とても高名な70代の先生が、「噛み合わせや口腔全体の治療をした後。10年持たせられたらそれはすばらしい治療であって、通常のレベルでの治療でそこまで持たせる事は無理だ」と仰っていました。

 

私も全く同感です。

 

歯は毎日の食事に使いますし、力を入れる時にはくいしばります。

しかも寝ている時までくいしばりや歯ぎしりに耐えています。

そう考えると、補綴物を10年持たせるのがどのくらい難しい事か分かって頂けると思います。

 

しかし、悪くなってきた所を少しずつ再治療しながら、長く自分の歯を残す事はできます。そのためには、まずはムシ歯にしないように、そして治療後は悪くならないように定期的に歯科医院に通う事が最も大切なのです。

 

当クリニックでは、10年以上持たせている方が何人もいらっしゃいますし、全員の方をそうできるように努力しているのですが、最近私も年齢を感じるようになってきました。

 

これ以上歳をとらないで「ずっとこのままだといいのに」と思う毎日ですが、あと10年持たせてみようと思います(笑)

 

 

 

 

| あシカCLUB | 編集

 
カテゴリー[あシカCLUB]の他の記事(※個別記事に表示されます)≫≫≫≫
<< あシカクラブ5月号   勉強会 >>

お知らせ

カテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ

WDC女性歯科医師の会

IPOI