安心安全設備
徳永歯科クリニックブログ
福岡県宗像市の徳永歯科クリニックのブログです。


あしかclub 3月号

先月は「もう2月」と言っていましたが、今度はもう桜の季節がやってきます。

例年より早い開花予想が出ていますので、お花見の日程も早めに決めた方が良さそうです。

 

当クリニックの花見日程は決まったのですが、例年寒かったり雨だったりが多く、なかなか心地よく行えません。

スタッフの中に「雨男」か「雨女」がいるのかもしれませんが(笑)そうは言っても本当にそうだと信じている人はいないですよね。

 

似たようなことで、「うちは遺伝的に歯が弱い家系だ」とか「親も総入れ歯だったので私も総入れ歯になるだろう」といったことを仰る方が結構多いです。皆さんはどう思われますか?

 

科学的にはこれも「雨男」と同じで、何の根拠もありません。

真顔でそう仰る方は、実際にそうなっているので信じ込んでいるのでしょうが、本当は歯そのものが弱いのではなく、歯に対する関心が低い事に問題があるだけのようです。

 

具体的には、

・「歯磨きを誰からも教わったことがない

・「歯磨きはざっとしかやらない

・「甘いものばかり好んで食べる

・「歯医者には痛いときだけ行くものだと考えている

・「歯が数本無くなっても食べられるから問題ない」など。

 

これらはどれも歯を失う事につながりそうだと思いませんか?

しかもこれらは家族の中の習慣とか考え方に影響されます。

つまり、総入れ歯になりそうな習慣や考え方を子供の頃からやっているから総入れ歯になってしまうだけだということです。

逆に言えば、正しい食生活や歯磨きの習慣を持ち、定期的な歯科健診をして、ムシ歯にしない、なっても早期発見早期治療をやっていれば、総入れ歯になることはありません。

 

もしも上記のどれか一つでも悪い習慣をお持ちの方は、今からでも遅くないので修正しましょう。

 

しかしこれまでもたくさんの方に歯科医院は痛い時に行くものではなく、歯を管理するために定期的に行くものだと話してきましたが、なかなかそうしてはくれません。

 

うちの花見もまた雨だと、誰が雨男だ雨女だと盛り上がるのでしょう。(笑)

 

| あシカCLUB | 編集

 
カテゴリー[あシカCLUB]の他の記事(※個別記事に表示されます)≫≫≫≫
<< バレンタインデー   はじめまして >>

お知らせ

カテゴリー

スタッフブログ

スタッフブログ

WDC女性歯科医師の会

IPOI